健康と病気

 

Backache.

アジアの発展途上国では、ライフスタイルの変化や西洋文化の普及によって、伝統的な食文化から西洋的に変化しています。

食生活の変化に伴って、肥満、糖尿病、循環器病や癌などの疾患が各地域また世界的に健康への影響が見られます。

これらの生活習慣病は、世界で最も一番の死因であり、社会にとって大きな負担になっています。

近年では生活習慣病の一つである「肥満」が最も主な結石の原因であるといわれています。

腎臓結石はアジアの国々の大きな問題の1つです。「結石ベルト」の国、パキスタンでは、腎臓疾患の40%を占めています。 「暑い気候や食事の要因が重要な役割を果たしています。

また、腎臓結石は糖尿病および心血管疾患との関連があることを結果が示唆しています。

100万人当たりの尿路結石症死亡者数(2012年)

Print

     中東:カルシウムを含む石よりも尿酸の石の方が一般的です。[2]

     世界:腎臓結石による死者数は、1990年から2010年の間に年間約19,000件が報告されています。.[3]

     北米およびヨーロッパ:腎臓結石の年間新規症例数は約0.5%です。

    欧米:人口の約9%に腎臓結石一度かかったことがある。[4] 1970年半ばから1990年半ばまで腎臓結石の再発は人口の3.2%から5.2%に増加しています。[5]

urinary-tract-stone3blood

尿路結石(Urolithiasis)と腎臓結石(Nephrolithiasis)は尿路や腎臓で結石が形成される疾患です. 結石の形成に関わるシュウ酸カルシウム、ストルバイト、尿酸、およびシスチンが含まれてる尿の飽和が結石の形成における主要原因です。 ほとんどの腎臓結石は、シュウ酸カルシウムやリン酸カルシウムなどのカルシウムからできます。

  腎臓の上皮細胞が高いシュウ酸塩およびリン酸カルシウムにより活性酸素を引き起こす、これが傷害および炎症の原因になることを研究で証明されました。酸化ストレスおよび炎症の主な印は、シュウ酸カルシウム腎臓結石が原因の結石患者の尿に見うけられます.

また、腎臓結石の病歴のある患者には抗酸化物質の血清中濃度が低いことが分かりました。

研究によると、酸化防止剤が多く含まれてる食べ物での治療はシュウ酸塩およびリン酸カルシウムによる細胞のダメージを減らすことが可能と証明されました。